モンゴル・空の旅

東京はあんなに暑かった日々が嘘のように、あっという間に秋模様となりましたね。

ちなみに、ウランバートルでは既に雪がちらついているようで・・・寒くて長い冬がすぐそこまで来ています。

 

さて、振り返ること1ヶ月前、日本の酷暑に耐えきれず3週間ほどモンゴルへ逃亡していた私ですが、TDBクルーと一緒に今回初めて気球に乗ることができました!そのときの様子がこちら

「風になったみたい」とはまさしくこのこと・・・!!!

上空から眺める大草原はいつもより広くてより色鮮やかに、空はいつもより近く、上を眺めると吸い込まれてしまいそうでした。途中、家畜の群れに遭遇したときには、羊が初めて見る気球に驚いて一斉に走っていきました!申し訳ないな~と思いつつ、慌てる姿がなんともかわいい・・・・笑 

上空からゲル発見!!

 

一目散に逃げる羊・・・笑

 

今年は雨が多かったので、例年よりも草原が青々として本当にきれいでした!気球を体験できる場所はまだ多くはないですが、今後きっと増えるはず!また乗れる日が楽しみです。

この記事を書いた人write

鹿野 詩織
鹿野 詩織(かの・しおり)

8歳の頃、初めて出会った海外の友人がモンゴル人だったことがきっかけで、モンゴルに憧れを抱く。 早稲田大学国際教養学部在学中にモンゴル国立大学への留学が実現。 卒業後、アクセンチュア株式会社、外務省勤務を経て、日本国際協力センター(JICE)にて、モンゴルにおけるJICAの人材育成プロジェクトに携わる。 モンゴル滞在中は、孤児院支援、遊牧生活、起業も経験。 現在は早稲田大学公共経営大学院に在学し、モンゴル研究、通訳、執筆活動等を行っている。

一覧へ戻る