ミニモンゴル語講座~よく使うフレーズ~

さて、今回も前回に続き現地で役立つモンゴル語をご紹介します

 

  • はい

「Тийм」(ティー(ム))

最後の「ム」ははっきり言わず、口を閉じて「M」の音を出す程度です。

 

  • いいえ

「Yгүй」 (ウグィ)

 

  • わかりました

「За」(ザー)

モンゴルに行ったら、1番よく聞く単語のひとつです!使い方も様々で、基本的には「わかりました」の意味ですが、2回続けて「За, За」と言うと「もう十分分かったよ」「はい、はい」というニュアンスが加わったり、語尾につけると「だよね?」という確認の意味にもなります。

 

  • すみません/ごめんなさい

「Уучлаарай」(オーチラーレー)

英語の”Excuse me” と “I’m sorry”の両方の意味を持ちます。

 

  • 知りません

Мэдэхгүйメデフグィ)

モンゴルにいると、モンゴル人と間違われて道を尋ねられることがあるかと思います。道案内ができればベストなのですが、聞かれた場所が分からない場合は、「メデフグィ」と伝えてください。英語の”I don’t know”です。

知っているときは、「мэдэнэ(メデン)」と言ってください。

 

  • わかりません
    Ойлгохгүй (オイルゴフグィ)

相手の言っている単語の意味が分からないときなどに使えます。英語の”I don’t understand”です。

お気づきかもしれませんが、単語の最後に「гүй」(グィ)が付くと、否定形になります。

 

 

  • わたしは△△といいます。

Намайг … гэдэг.(ナマイグ △△ ゲデグ)

△△にはご自身のお名前を入れてください。

最後の「グ」ははっきり発音せず、軽く「グ」と言ってください。

 

  • わたしは日本から来ました。

Би японоос ирсэн.(ビー ヤポノース イルスン)

「日本」は「ヤポン」と言います。

「日本人」はяпон хүн(ヤポン フン)です。

 

  • 好きです

дуртай (ドルタェ)

 

  • 嫌いです

дургүй (ドルグィ)

 

以上、現地でよく使う言葉をピックアップしてご紹介しました。モンゴル語を話すと、現地のモンゴル人の方はすごく喜んでくれるので、是非積極的に使ってみてください!

 

 

この記事を書いた人write

鹿野 詩織
鹿野 詩織(かの・しおり)

8歳の頃、初めて出会った海外の友人がモンゴル人だったことがきっかけで、モンゴルに憧れを抱く。 早稲田大学国際教養学部在学中にモンゴル国立大学への留学が実現。 卒業後、アクセンチュア株式会社、外務省勤務を経て、日本国際協力センター(JICE)にて、モンゴルにおけるJICAの人材育成プロジェクトに携わる。 モンゴル滞在中は、孤児院支援、遊牧生活、起業も経験。 現在は早稲田大学公共経営大学院に在学し、モンゴル研究、通訳、執筆活動等を行っている。

一覧へ戻る