おすすめモンゴルウォッカ

前回記事で、モンゴルの旧正月はウォッカ三昧という話をご紹介しましたが、今回はモンゴルのおすすめウォッカをご紹介します。

 

ウォッカのアルコール度数は約40度。ビール(4.5~5.5%程度)、ワイン(6~12%程度)と比較するとだいぶ高いアルコール度数ですね。しかも、モンゴル人はこれをストレートで飲みます。

モンゴルは冬の寒さが厳しいこともあり、ロシア同様にアルコール度数が高めのウォッカを飲むことが習慣化しているのですが、飲み方がまた豪快なのです。ゲル(モンゴルの伝統的家屋)を訪れると、客人をもてなすためにお茶や馬乳酒、そしてウォッカが振る舞われることもあります。夜に宴会がはじまれば、小さめのお椀にウォッカが注がれ、言われるがまま一気飲み!空いたお椀を次の人に回して、ウォッカの回し飲みが延々と続きます。酔いがまわってくると・・・次はカラオケ大会です!モンゴル人には歌好きが多く、ウランバートル市内にはたくさんのカラオケがあります。日本の歌をリクエストされたら、恥ずかしがらずにぜひ思いっきり歌ってみてください!

 

モンゴル流の飲み方をマスターしたところで、モンゴルの有名なウォッカブランドをいくつかご紹介します。

 

●チンギス

 

名前のインパクト勝ちですね・・・!ボトルにもチンギスハーンの顔がしっかり描かれています。

楽天で買えるので、興味のある方はぜひご賞味下さい。

https://item.rakuten.co.jp/mongolia/alca0100100000/

 

 

●ソヨンボ

シックなボトルで高級感が漂います。すっきりとした飲み口で、ファンが多い一品。

HPはこちら。

http://vodka-soyombo.com/

 

 

 

 

他にも色々なブランドが出ているので、モンゴルに行かれた際には是非飲み比べてみてください。

空港やデパートのお土産コーナーには、小さなボトルセットも置いています!

 

この記事を書いた人write

鹿野 詩織
鹿野 詩織(かの・しおり)

8歳の頃、初めて出会った海外の友人がモンゴル人だったことがきっかけで、モンゴルに憧れを抱く。 早稲田大学国際教養学部在学中にモンゴル国立大学への留学が実現。 卒業後、アクセンチュア株式会社、外務省勤務を経て、日本国際協力センター(JICE)にて、モンゴルにおけるJICAの人材育成プロジェクトに携わる。 モンゴル滞在中は、孤児院支援、遊牧生活、起業も経験。 現在は早稲田大学公共経営大学院に在学し、モンゴル研究、通訳、執筆活動等を行っている。

一覧へ戻る