モンゴルの新型コロナウイルス対策・措置の変更点

先日お伝えした新型コロナウイルス対策の措置に関して、モンゴル政府からいくつか変更点が発表されました。

 

1.入国制限について

3月29日まで、2020年過去14日間以内に中国(香港、マカオを含む)及び台湾に滞在・通過(トランジット)歴のある外国人・無国籍者の入国・査証発給が禁止。

※「過去14日間以内」・・・入国日の前日を「1日目」として計算します。例えば2月22日(土)が入国日だとすると、前日の21日(金)が1日目となるので、2月8日から21日の間に中国(香港、マカオを含む)及び台湾への渡航歴が無ければモンゴルに入国できるということです。

 

2.査証申請制限について

査証申請日の前日を1日目として、14日間以内に中国(香港、マカオを含む)及び台湾に滞在、または通過していなければ、査証発給申請が可能。

 

3.国境管理について

3月29日まで、中国との国境ポイントからの出入国禁止。

 

4.旧正月期間中の交通制限について

2月23日(日)午前8時~27日(木)午前8時までの間、各県・主要都市をつなぐ幹線道路を一時遮断。対象は自動車と列車、飛行機は対象外。

 

予断を許さない状況ですので、モンゴルへの入国またはモンゴル国内での移動・活動を予定されている方は、最新情報にご注意ください。(モンゴル国内ではFBやニュースサイト上でフェイクニュースもだいぶ出回っていますので、そちらもお気をつけください!!)

 

この記事を書いた人write

鹿野 詩織
鹿野 詩織(かの・しおり)

8歳の頃、初めて出会った海外の友人がモンゴル人だったことがきっかけで、モンゴルに憧れを抱く。 早稲田大学国際教養学部在学中にモンゴル国立大学への留学が実現。 卒業後、アクセンチュア株式会社、外務省勤務を経て、日本国際協力センター(JICE)にて、モンゴルにおけるJICAの人材育成プロジェクトに携わる。 モンゴル滞在中は、孤児院支援、遊牧生活、起業も経験。 現在は早稲田大学公共経営大学院に在学し、モンゴル研究、通訳、執筆活動等を行っている。

一覧へ戻る