[BloombergTV] 国家統計局:生産者物価指数が前年同期比32.7%上昇

BloombergTV.mnより2022.08.23 14:00(元記事のリンクはこちら

生産者物価指数が前年同期比32.7%上昇したと国家統計局が発表した。

インフレの加速と共に輸送コストも上昇し、国境税関の混乱に関連して供給が減少したなどが生産者物価指数の上昇に影響した。

特に鉱業分野の生産者価格が37.1%上昇したことが主に影響した。

石炭輸送費が7-8倍に上昇したとウスフ・ゾース社のCh.チンバト会長が強調した。

また鉱業製品の鉄道輸送量が前年同期比24.7%減少した。

さらに建築資材の輸送量も15.4%減少した。

生産者物価指数の上昇をシェア別にみると、鉱業分野が30.5%を占めた。

非鉱業分野の景気は2021年第1四半期は好調だったが、貿易の停滞により急速に鈍化したと世界銀行が発表していた。

そのため、国会が新復興政策に産業分野の復興を盛り込んだ。

しかし新復興政策を成功裏に実施するために必要な、重要な問題が不透明であると世界銀行が注意している。

具体的には、民間投資が増加し、プロジェクトに必要な資金が確保できるか否かは不透明である。

G.ホラン記者

一覧へ戻る