[BloombergTV] 世銀:モンゴルは対外債務によるリスクが高い

BloombergTV.mnより2022.06.09 10:20(元記事のリンクはこちら

モンゴル政府の対外債務の対GDP比がパンデミック以降急増し、80%に達していると世銀が警告した。

世銀の経済見通し報告書では、「対外債務の負担、金融引締め、経済回復が弱いなどが、財政を原因とする将来の被害を拡大するリスクがある」と強調した。

対外債務リスクはモンゴルのように低所得国にとって、パンデミック以前よりもさらに重くのしかかるので、早急に広範囲の政策を実施し、債務リスクに端を発する負担を低減する必要がある」とも述べている。

具体的には、歳出を社会的弱者の世帯に限定して実施すること、経済的脆弱性を緩和する、特にサプライチェーンの断絶を予防する、労働参加率を引き上げる等の政策的助言を記載した。

2019年第1四半期にモンゴル政府の対外債務は74億ドルだったが、2022年第1四半期の速報値は83億ドルに増加している。

大蔵省の発表によると、2022年第1四半期にモンゴル政府が国債資本市場で発行した長期国債の残高は26億ドルで、国際機関、ドナー国など24機関から提供された305件のプロジェクトローンの残高が57.6億ドルとなっている。

大蔵省は「今後、債務管理を改善し、起こりうるリスクを管理することに注意する」と述べていた。

Z.エンフボロル記者

一覧へ戻る