【重要】外貨購入の制限の背景について(更新)

3月下旬以降、モンゴル本国TDB国際部から到着した情報によると、TDBオンラインを介した外国送金(Non-cash)及び、店頭窓口での外貨購入(Cash)について当面、制限を設けることとなりました。

背景としては、ロシアのウクライナに対する侵攻に対して西側諸国が実行している経済制裁が背景となっています。

前回のお知らせ:https://tdbm.jp/news/4010/

これに対してモンゴル中銀は本日現在、一時的にTDBオンラインのNon-cash/店頭窓口でのCashともに外貨購入規制の口頭指導を行っております。
5月4日(水)からは、制限がMNT5千万相当外貨(約2000千円)までとなっております。

著しく状況は流動的であり、今後の不確定要素もありますが、東京駐在員事務所としては、引続き速やかに関係者の皆様へ情報提供申し上げる所存です。
ご不明な点は、当事務所もしくは、本国国際部直通電話(03-4588-3948:日本語、03-4588-3949:英語)までお気軽にご連絡下さるようお願い申し上げます。

一覧へ戻る