[BloombergTV]9月の生産者物価指数は前年同月比27.6pt増

BloombergTV.mnより2021.10.20 09:20(元記事のリンクはこちら
9月のインフレ率は前年同月比9.6%上昇したと国家統計局が発表した。

一方、生産者物価指数は同27.6ポイント上昇の166に達した。

これには鉱山・採掘業が34.1ポイント上昇したことが主に影響した。

また、8月のインフレ率を見ると、20%以上値上がりした品目が39あったとモンゴル銀行(BOM)が発表した。

サプライチェーンに生じている障害、世界的な原料価格の値上がりにより、商品・サービスの価格がこの数か月急激に上昇している。

BOMは、一時的かつ供給面のインフレに対し、通貨政策的手段による影響は小さく、効果が上がらない可能性が高いと述べている。

とはいえ、これらの問題が解決されれば中期的にはインフレ率が下がると見ている。

2022年第4四半期にはインフレ率が6.9%になり、BOMが目標とする水準に落ち着く見込みであるとBOMが発表した。

経済が回復するにつれて、需要面からのインフレが徐々に増加する見込みである。

現状、需要面のインフレが生じる要因はないが、供給面のインフレを一時的なものであると見るのは危険であるとエコノミストたちは警告している。

S.ウヌルサイハン記者

一覧へ戻る