[BloombergTV]6月のインフレ率は全国6.6%、UB7.1%

BloombergTV.mnより2021.08.16 11:00(元記事のリンクはこちら

6月のウランバートル市のインフレ率は7.1%だった。

新型コロナウィルスの感染拡大の影響により景気が悪化し、政府が一部の商品価格を統制したことにより、2020年のインフレ率は2-3%の低水準だった。

しかし、政府が統制価格を変更し、肉、固形燃料、液体燃料など一部の商品価格が上昇したことにより、インフレ率はパンデミック前の水準に戻った。

BOMの報告によると、インフレ率のうち3.0ポイント(寄与率40%)を肉、固形燃料、液体燃料が占めている。

食品およびそれ以外に分けてみると、食品のインフレ率は13.1%、食品以外のインフレ率は4.7%である。

世界でも食品の値上がりが加速している。

供給面および一時的要因により、今後数四半期はインフレ率が上昇するが、中期的にはBOMが目標とする水準に落ち着く見込みであるとBOMのハグワスレン総裁が発表した。

とはいえ、世界で生じている物流問題が今後のインフレ率に影響を与える可能性を強調している。

2021年末のインフレ率はBOMのインフレ目標の上限である8%になる見込みだが、2022年後半には6%に低下するとBOMは見ている。

S.ウヌルサイハン記者

一覧へ戻る