[BloombergTV]政府の対外債務が84億ドルに増加

BloombergTV.mnより2021.06.09 14:30元記事のリンクはこちら

第一四半期時点の政府対外債務は前年同期比11億ドル増の84億ドル(約9,320億円)に増加した。

一方2020年末の政府債務は前年比16.6%増の27.8兆トゥグルク(約1兆円)に増加した。

2020年にマクロ経済の主要指標は悪化した。

GDPは2020年に5.3%減少し、財政赤字は過去最高水準に達した。

政府は近年、借り換え国債の発行により債務を債務で償還する対策を行っている。

高金利で償還期限を迎えたマザーライ債およびチンギス債の一部を借り換えるためにノマド債を発行した。

今後の償還予定を見ると、2022年12月にチンギス債、2023年にゲレゲ債、2024年にホラルダイ債、2026年にノマド債が償還期限を迎える。

これらに加えて、パンデミック時に社会支出が増えたため、債務負担が重たい年が続く見込みである。

S.ウヌルサイハン記者

一覧へ戻る