[BloombergTV]鉱業省:2020年の歳入の25.7%を鉱山分野が占めた

BloombergTV.mnより2021.05.27 17:20(元記事のリンクはこちら

鉱業重工業省の発表によると、鉱山分野から国家予算に納付した税・手数料は2017-2019年に増加の一途をたどった。

2019年には前年比27.8%増の2.6兆トゥグルク(約1,000億円)の税・手数料を納税し、過去最高となった。

2020年の速報値では、連結予算の総歳入が前年比12.6%減の10.4兆トゥグルク(約4,000億円)となり、このうち鉱山分野からの歳入が25.7%を占めた。

パンデミックにより2020年1-5月期は鉱工業分野が前年比減であったと国家統計局が発表した。

2020年11月に国内で新型コロナウイルスの感染が発生したことにより、鉱工業分野は再び縮小した。

今年は4,200万トンの石炭、140万トンの銅精鉱を輸出する予定で予算に計上した。

5月20日時点で、モンゴルは810万トンの石炭を輸出している。

これは予算に計上した量の19.2%である。

銅精鉱は44万3,000トンを輸出し、予算に計上した量の約31%である。

B.バトツェツェグ記者

一覧へ戻る