[BloombergTV]2023-2024年度予算見通しを国会で可決

BloombergTV.mnより2021.05.13 17:00(元記事のリンクはこちら

国会本会議で2022年度予算枠通知・2023-2024年度予算見通し法案を可決した。

政府債務の対名目GDP比は60%を超えないと見込んでいる。

これを根拠に中期的には、連結予算の均衡収支の対名目GDP比が2022年3.6%、2023年2.8%、2024年2%となり、財政安定化法に定める要件を満たす予定であると予算案の報告書で述べている。

2022-2024年の歳入見込みは、前年と同様に主要鉱業製品である金、銅、石炭の輸出量、国際市場価格に大きく依存している。

B.エンフジン記者

一覧へ戻る