[BloombergTV] 2020年の実質GDP成長率はマイナス5.3%

BloombergTV.mnより2021.02.17 12:10(元記事のリンクはこちら

コロナ禍の2020年のモンゴル経済は速報値でマイナス5.3%成長だったと国家統計局が発表した。

ADBのアナリストによると、パンデミックによりモンゴル経済は民主化以降最悪、2009年以来のマイナス成長となった。

速報値はBloomberg TV Mongoliaのエコノミストクラブのアナリストらの予想に近かった。

国際機関の予想では、世界銀行が5.2%、ADBが5.3%、フィッチが6%のマイナス成長を予想していた。

分野別にみると、マイナス成長のうち2ポイントを鉱工業、3ポイントをサービス分野が占めている。

一方、農牧業分野はプラス0.8ポイントだった。

鉱山分野の付加価値は2020年に3.6兆トゥグルク(約1,300億円)で、前年比9.4%減少した。

この減少には、金属鉱石の採掘は増加したものの、石炭、原油の採掘、輸出が減少したことが主に影響したと国家統計局が述べている。

B.ビャンバスレン記者

一覧へ戻る