モンゴル銀行:消費者ローンのモラトリアムを年末まで延長

2020.08.07 モンゴル銀行公式発表

https://www.mongolbank.mn/news.aspx?tid=1&id=2571

8月7日のモンゴル銀行の臨時通貨政策会合で、景気悪化により返済が滞っている融資の査定基準を見直し、2020年12月31日まで期限を延長する対策を実施することを決定した。

これは2020年4月13日の通貨政策会合の決定の第2弾であり、この枠内で7.6万件、総額6,630億トゥグルクの消費者ローンが対象になる。

パンデミックに関連して世帯消費に与える悪影響及び債務者の返済負担を軽減し、金融システムの安定性を維持することにより、景気悪化を緩和することを目的としている。

 

一覧へ戻る