[BloombergTV]第1四半期の外国人入国者数は前年同期比53.5%減

BloombergTV.mnより2020.04.13 10:00(元記事のリンクはこちら

新型コロナウイルスの感染拡大により国境を閉鎖した2020年の第1四半期に入国した外国人の数は前年同期比53.5%減少した。

また、モンゴル人を含む入国者数は同56.3%減の55万1,900人となった。

入国者のうち85.5%がモンゴル人、14.5%が外国人である。

国境の移動制限は2月1日から実施され、それ以降に入国した6,096人のうち30%はチャーター便で帰国した国民である。

また同期間の出国者数は前年同期比58.7%減の18万4,900人だった。

感染予防措置により観光業者の44%が解雇を行ったことがモンゴル商工会議所の調査で明らかになった。

同調査ではさらに38%の企業が追加で人員削減を行う予定であると回答している。

B.トゥグスビリグ記者

一覧へ戻る